ゴヤースケッチ

ゴヤの作品は宗教と時代を反映する作品が多いです。

更に、「黒い絵」のシリーズのように誰かにみせるためではない、彼自身が持っている

考えを迷わずに徹底的に描いていきました。

つまり、ゴヤにとっては人というテーマは自分自身に送るメッセージだったかもしれません。

 

今回はゴヤのデッサンを模写します。

このポーズは何をしているようですか。

デッサンの描き方を説明します。

顔はどこを向いているのか、

手の形、服のしわ、影の向きなど観察をします。

意外と動作が大きい絵のほうが描きやすい気がします。

立っているこの人の手が大きく感じますが、デフォルメ的な効果で距離感を感じさせたり、

強調するためだったり、ルネサンス期の彫刻などを見るとよくわかります。

 

 

 

それで、実際自分たちで同じポーズをしてみました。

モデルになって同じ動作をすることはまた難しいです。

みんな急に手が早くなりました。(笑)

ボールペンで描き、消せないところでまた緊張します。

 

 

 

 

 

 

 

出来上がりました。

しかし、まだ未完成なところもあります。

改めて、動きを感じさせる、リアルな表情を表現することの難しさを感じます。

 

 

 

 

楽しく描きました。(笑)

実は、それぞれの目に届いた瞬間が現実的に表現されています。

難しい絵を描くことはテクニックを学ぶことでもありますが、

マインドコントロールにも繋がります。自信を持つ、簡単に描けるなど

コントロールする能力をアップさせます。

 

 

 

 

 

 

よくできました。来週は自画像になります〜

| 名作にたずねよ | 13:54 | - | trackbacks(0) |

<< / 2/95PAGES / >>

CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ