クレー「無題、あるいは死の天使」−構図と色の研究

クレーの作品はこどものような描き方をしているようですが、

彼自身はこどものようではなく、抽象的な表現として形をとらえているようです。

今回は見本を載せます。

「死の天使」と言われたら、右の上に......(笑)

 

そして、私たちは今回も板で絵を描きます。

板が持っている表面の質感を生かしてみたいと思います。

構図はシンプルに見えますがそれぞれストーリーがつながっているので

1つがくるってしまうと全体なバランスがくずれます。

 

スケッチが終わったら、色鉛筆で色を塗ります。

最初は全体的に塗って、2,3回繰り返します。

色をしっかり付けないと、クレーの絵の雰囲気を出せないからです。

 

 

 

絵が鮮明になっています。

次はちょっとしたコツとして、パステルでぼんやりした雰囲気を表現します。

パステルを削ってティッシュでこします。

 

出来上がりました。

今回も完成度がかなり高い作品が出来上がりました。

私たちは感情の表現をする意味をまだわからないけれど、想像力を豊かにすれば

ストーリーが出来上がり、クレーのように目には見えないけれど見えない世界を

自然に表現するときが来ると思います。

 

 

⇓これは展覧会用として、制作してみました。

「女流芸術家」というタイトルですね。

ハートの周りが赤くなって可愛いらしさとクレーの素直さが伝わります。

 

紙粘土で半立体にしました。

 

細かいところも道具を使って頑張って表現します。

 

出来上がりました!

今回はなんと二つの作品が完成しました。

こどもたちの集中力にびっくり(笑)

ではまた来週もよろしく〜♥

 

| 名作にたずねよ | 19:19 | - | trackbacks(0) |

/ 1/101PAGES / >>

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ